低血糖症

低血糖とは

低血糖症とは血糖値が70mg/dL未満になった状態のことであり、血液中に存在するブドウ糖が少なくなり過ぎている状態のことです。

低血糖の症状

  • 倦怠感
  • めまいや悪心がある
  • 動悸・冷や汗が続く
  • 眠気や強い脱力感
  • 異常な空腹感
  • 不安症状
  • 目がかすむ
  • 意識がもうろうとする
  • 震え
  • 集中力の低下
  • けいれん
  • 異常行動
  • 昏睡状態

低血糖の症状の出方には個人差が大きく、必ず上記の症状が出ると言うわけではありません。症状がなくても低血糖と診断される場合もあるため注意が必要です。上記の症状がある方だけでなく、低血糖の不安があるという方もお気軽に当院へご相談ください。

低血糖の原因

低血糖が起こる原因として考えられるのは、大きく分けて2つあります。

糖尿病治療が原因の低血糖

糖尿病を治療するには高くなっている血糖値を下げる必要がありますが、だからといって下がり過ぎると低血糖になるため、以下の点に注意が必要です。

  • 間違えてインスリンを多く注射してしまった時
  • 薬の量を間違えてしまった時
  • 糖尿病治療薬がこれまでのものと変わってより強力になった時
  • 薬の服用時間や内容の変更を行った時
  • 運動量がこれまでより多くなった時
  • 空腹なのにたくさん運動をした時
  • 十分な食事が摂れずに空腹を感じている時
  • 食事の時間がいつもと違って遅くなってしまった時

低血糖を起こしやすい薬というものがあり、主にインスリンや速効型インスリン分泌促進薬、スルホニル尿素薬などが該当します。糖尿病薬だからといって、全ての薬が低血糖を起こしやすいというわけではありません。

インスリン療法

糖尿病治療以外が原因の低血糖

低血糖は糖尿病の治療以外でも引き起こす場合があります。以下の場合に、注意しましょう。

  • 反応性低血糖(機能性低血糖):糖質の取り過ぎによって膵臓からインスリンが分泌され過ぎてしまった時や、糖尿病の初期段階で血糖値が上昇しているにも関わらずインスリンが分泌されるタイミングがずれてしまった時に起こります。低血糖になるタイミングとしては、食事をしてから35時間程度経過した後です。
  • 薬剤性低血糖:鎮痛剤、抗不整脈薬、解熱剤、抗菌薬などの薬を内服している場合
  • 女性ホルモンの影響:生理開始後
  • アルコールを摂取時や肝硬変などによって肝機能が低下している場合
  • インスリノーマなど:膵臓の腫瘍が原因

当院では、OGTT(経口ブドウ糖負荷試験)による精密検査だけでなく、フリースタイルリブレなどを用いた血糖値の推移を確認する検査を受けて頂くことができるため、低血糖の気になる症状が出ているという方はお気軽にご相談ください。

低血糖の対処方法・注意点

低血糖だからといって必ず症状が出るというわけではなく、症状の出方は個人差に左右されます。しかし、低血糖になっても症状が出ない人の場合は、突然意識が途切れたり、昏睡状態に陥ったりする可能性が考えられるため、注意しなければなりません。何かあった際にはすぐに医療機関へ連絡ができるようにしておくことが重要です。

基本的な対処法

低血糖になった際の対処法は、ブドウ糖や砂糖を摂取することです。ブドウ糖には錠剤やゼリー状のものもあるため、摂取しやすい物を用意しておきましょう。砂糖は1回の摂取量は20g程度がお勧めです。その他、糖を含む食材であれば、例えばチョコレートや清涼飲料水、飴などでも問題ありません。飴に頼る際には、ノンシュガーや人工甘味料使用のもの以外にしておいてください。人工甘味料には血糖値を上げる効果が期待できないからです。

糖尿病治療薬で、α-グルコシダーゼ阻害薬を内服している場合

すぐに血糖値を上げるには、砂糖ではなくブドウ糖を摂取するようにしましょう。

自分での対処が難しい場合

低血糖は意識がもうろうとすることがあるため、ご自身で対処できなくなる場合も考えられます。そういった場合に備えて、ご家族に低血糖時の対処法を伝えておいたり、糖尿病連携手帳を持ち歩いたりしましょう。

自動車の運転する必要がある場合

インスリンの治療中に自動車の運転をしなければならない方は、低血糖になると大事故になる可能性が高いため、必ず運転前に血糖値を計るようにしてください。

グルカゴン点鼻薬が処方されている場合

低血糖に対処するには注射薬のみであったのが、2020年からグルカゴン点鼻薬も使用できるようになりました。グルカゴン点鼻薬は、特に症状がない低血糖の場合に有効に活用できます。使用する場合は必ず医療機関で指導を受けることになりますが、外出の際に持ち歩くことで頻繁に低血糖を起こす方には助かる薬です。