フリースタイルリブレの活用

持続血糖モニタリングとは

自己血糖測定は睡眠中や仕事をしている最中の血糖値を計ることができないため、1日に何回か測定をしたとしても、全体的な数値を把握することが困難でした。しかし、持続血糖モニタリングを使用することによって、血糖値の変化を持続的に観測することが可能になりました。
持続血糖モニタリングは、皮下に細いセンサーを刺すことによって測定ができるもので、糖尿病治療がきちんと効果が出ているのかどうかを知ることができます。また睡眠中や食後、早朝の高血糖などの問題点を把握することができます。

持続血糖モニタリング 「FreeStyleリブレ」

持続血糖モニタリング 「FreeStyleリブレ」は、専用のリーダまたはスマートフォンを使うことでいつでも間質液中のグルコース濃度の測定が可能です。特に痛みなどはなく、500円玉程度のセンサーを腕に貼り付けるだけなので、面倒なこともありません。
ただし、スマートフォンを使用する場合は、機器に対応しているかどうかが重要です。装着可能日数は長くて14日間であり、グルコース値の測定は毎分行われますが、保存されるのは15分ごとになります。
センサーは毎回消毒などの必要がなく、使い捨てできるため常に清潔な状態で使用できます。血糖値の変動が見えるため、自己管理がしやすいことが特徴で、水中でも使用できる防水仕様となっているため、入浴などの日常生活にも支障はありません。

主な特徴

  • 1度装着すると血糖値の推移を14日間確認できる
  • 世界で約50カ国、250万人以上の方が使用
  • 1日の血糖値の変動をグラフで確認可能
  • 採血せずに血糖値の大体の値が測定可能
  • 医療分野で糖尿病の治療として利用されている

FreeStyleリブレLink

isCGM(リブレ®)では、測定したデータを保存・管理することが必要になります。そのためFreeStyleリブレLinkのダウンロードが必要です。アプリを使うことで、集めたデータを使って血糖変動のトレンドやパターンを把握でき、血糖値の管理がしやすくなります。
具体的には、食事によって血糖値がどのように変動するのか、上がり方や下がり方、最大値などをグラフで分かりやすく表示できます。うまく活用することで、食事管理や血糖管理がしやすくなります。reeStyleリブレLinkアプリは、無料で使用できるのも特徴です。

採血による血糖値の代用にはなりません

isCGM(リブレ®)は、常に血糖値を測定できるとは言っても、血液検査の代わりにはなりません。なぜなら、血液中の血糖値を測定しているわけではなく、細胞の隙間にある間質に存在している糖の値を計測しているからです。
そのため、採血による血液検査とは、違った数値が出ることもあります。実際の血液検査による血糖値とは若干の違いが出ることや、個人差が大きく正確な値が出ない可能性もあることから、採血を止めるのではなく併用することが重要です。

なぜ糖尿病の治療としてisCGM(リブレ®)を活用するのか

isCGM(リブレ®)を活用する目的は、血糖値の正確な計測ではなく、どの程度変動しているのかを見るためです。1日を通して血糖値の変動が少なければ、血糖コントロールがうまくいっていると考えて問題ないです。
血糖値の上昇と下降の幅が広ければ広いほど、血糖コントロールがうまくいっていないということであり、食後には高血糖、夜間の睡眠中、もしくは食間時などには低血糖になっている場合があります。この変動に関しては、採血では分からない部分であるため、isCGM(リブレ®)の優位点と言えます。

糖尿病治療目的以外で、使用が推奨される方

  • パン、ご飯、麺類などの主食を多く食べられている方
  • 20代と比較して段々と体重が増加している方
  • 糖尿病の既往歴がある近親者がいる方
  • 間食が多い方
  • 普段から運動しない方
  • 健康診断で、糖代謝・糖尿病の項目が「要観察」になった方

上記に当てはまる方は、例え糖尿病と診断されていなくても膵臓から分泌されるインスリンの効き目が弱くなっていたり、機能低下を起こしている可能性もあります。