肝臓内科専門外来

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 急な腹部膨満感・手足がやせ細る・顔や白目が黄色くなる・食欲がなく疲れやすくなる・かゆみが続く・脚がつる・倦怠感が続くなどの身体症状
  • 便が白くなる・尿が紅茶の色のようになるなどの便や尿に関する症状
  • 血液検査や健康診断で肝機能異常があったなどの検診異常に関すること

上記のようなお悩みをお持ちの方は是非一度当院の肝臓内科専門外来をご受診ください
上記の症状は、一般の内科でも診察は出来ますが、佐藤内科クリニックでは、肝臓内科の専門として肝臓に関する症状を血液検査・腹部超音波エコー検査なども視野に入れながら、専門的に診察・検査が可能です。

肝臓内科専門外来とは

肝臓に関する病気や不調を専門に診察・検査する外来です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、自覚症状を感じにくい臓器です。主な病気としては、ウイルス性肝炎・肝硬変・肝臓がんなどが挙げられます。当院では、日本肝臓学会より肝臓内科専門医と認定されている院長が、血液検査や腹部超音波エコー検査を活用し、適切な治療を施します。

 

 

当院の肝臓内科専門外来の特徴

当院の肝臓内科専門外来の特徴をご紹介致します。

①肝臓内科の専門医が診察を行います

当院の医師は肝臓内科の専門医を取得しており、一般のクリニックよりも高い専門性を持って診察が可能です。肝臓に関する症状であれば些細なことからセカンドオピニオンまで幅広く対応させていただきますのでご安心ください。

②腹部超音波エコー検査・血液検査が充実しています

他院への紹介よりも院内の検査環境で治療・診察を完結させることを目指しています。特にエコー検査と血液検査は大学病院並みの質の高い検査環境を整えており、即日で精密検査に近い検査結果を出すことが出来ます。

③一次診察では留まらず、継続的なフォローも行います

肝臓内科の診察は初診で終わってしまうことが多いですが、当院は肝臓内科のかかりつけ医として、継続的なフォローを行い患者様のQOLの向上を意識した診察を続けています。肝臓のことでお困りの方は当院で完治を視野に入れた治療を行いましょう。

④内科領域・消化器領域も視野に入れた診察を行います

患者様自身は「肝臓の病気かな?」と思われても、実際は内科領域や消化器の病気であることが多々あります。その場合においても当院では内科・消化器内科も専門領域として扱っているため、柔軟な診断対応が可能です。

⑤JR天満駅から徒歩3分で通院が便利です

体調が悪いときに駅から長い距離を歩くことになると大変ですが、当院はJR天満駅から徒歩3分ですのでご安心ください。駅から近い位置で少しでも患者様の通院が楽になるように配慮させていただいております。

⑥B型肝炎・C型肝炎に対して、大学病院並の治療を行います

通常のクリニックではB型肝炎・C型肝炎の検査をし、陽性の場合は近隣の大きな病院に紹介することになります。しかし、当院では肝臓内科専門医による高度な治療を可能としており、大学病院と同様の薬物治療の対応をしております。

専門的な検査のご紹介

腹部超音波エコー検査

人間の耳には聞き取ることのできない高周波の音波を発信し、そこから帰ってくるエコー(反射波)を受信し、体内の様子を探る検査法です。
当院では、日本超音波医学会認定超音波検査士の資格を持つ『エコー専門技師』が、素早く丁寧に各種臓器を診断します。また、当院の腹部超音波エコー検査は女性技師による診断のため、女性の方も安心してご受診ください。

最新の超音波エコー検査機器導入(LOGIQ E10s)

次世代の高性能イメージングシステムを採用した最新のハイエンド超音波装置です。
従来の超音波装置から一新し、全視野全深度フルフォーカスを実現したため高画質で詳細な形態観察が可能です。
また血流診断も超低流速モードを搭載しており、より細かな血流診断をご提供いたします。
最新の消化器向けのアプリケーションとして、肝臓の硬さを測定できるShear Wave Elastography、超音波の減衰係数から脂肪肝の程度を測定できるUGAP (Ultrasound guided attenuation parameter)を搭載しており、客観的な進行度評価に有用です。

 

 

 

血液検査

血液を採取し、血液の病気だけではなく、生活習慣病や癌、肝機能、腎機能など内臓の健康状態、さらに電解質、CRP定量(炎症反応)など、身体の様々な健康状態を調べることが出来ます。また大学病院並みの質の高さを誇る血液検査機器を導入しており結果が分かるまで10分も時間がかかりません。

検査内容
  • 貧血(Hbなど)
  • 肝機能【AST(GOT)、ALT(GPT)、LDH、ALP、γGTP】
  • 腎機能(BUN、Cre、GFR)
  • 膵機能(AMY)
  • タンパク質(TP、Alb)
  • 血糖値(BS)
  • HbA1c
  • 尿酸値(UA)
  • コレステロール値【T-chol、HDL(善玉コレステロール)、LDL(悪玉コレステロール)】
  • 中性脂肪(TG)
  • 尿分析
  • 炎症反応(CRP、WBC、白血球分画など)
  • アンモニア(NH3)
  • 乳酸値

肝炎検査

血液を採取し、血液中にHCV抗体があるかどうかを調べる「HCV抗体検査」と、HCVの遺伝子を調べる「HCV-RNA検査」を併用して行います。
当院は大阪府肝炎専門医療機関に指定されています。以下に当てはまる方は感染の可能性が高いと言われています。一度、当院で検査を受けることをお勧めいたします。

  • ご家族にウイルス性肝炎、肝硬変や肝臓がんの患者さんがいる方
  • 過去に手術や輸血を受けられた方
  • 入れ墨やタトゥーのある方
  • ピアス穴をあけている方

当院で対応可能な症状

  • 肝炎の症状:皮膚のかゆみ・倦怠感・発熱・頭痛・食欲が落ちる・吐き気・腹痛・皮膚や白目の部分が黄色くなる・尿が濃い茶色っぽくなる・皮膚に発疹がみられるなど
  • 肝硬変の症状:腹部膨満感・足がむくむ・おかしな言動が見られるようになったり、両手のひらを羽ばたくような動き(羽ばたき振戦)が見られるようになったりする意識状態の低下・皮膚や白目が黄色くなる・吐血など
  • 肝がんの症状:腹部膨満感・腹痛・肝がんが骨に転移することによる痛みなど
  • 検査異常:健康診断の血液検査でAST、ALT、ALP、γ-GTPなどの酵素、またはビリルビンなど色素の値が正常よりも高く、肝機能異常と判定された場合など

当院で対応可能な疾患

肝炎

急性肝炎・急性肝不全・慢性肝炎・ウイルス性肝炎・アルコール性肝障害・非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)・薬物性肝障害・自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆管炎(PBC)など

肝硬変

肝硬変

肝がん

原発性肝がん・転移性肝がん

ご予約

上記の症状や疾患に当てはまっていると感じた方で、どこの医療機関を受診するか悩んでいた患者様はぜひ当院の肝臓内科専門外来に一度、診療時間内に来院してください。
患者様の症状や疾患のご相談を伺ったうえで、適切な検査・治療をさせていただきます。

ご受診にあたって、ご質問・ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
些細なことでも構いません。一緒に不安を取り除きましょう。

当院の診療時間はこちら

外来・検査希望の方へ TEL.06-6353-3838
求人のご案内
一番上に戻る
外来・検査希望の方へ