無痛大腸カメラ(無痛大腸内視鏡検査)

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)大腸カメラは、直腸から盲腸までの粘膜を直接観察できます。早期大腸がんや前がん病変である大腸ポリープを発見することができる検査です。検査中に疑わしい部分があれば組織採取を行って生検による確定診断が可能です。さらに、検査中に発見された前がん病変のポリープをその場で切除することで大腸がんの予防に繋がります。定期的に大腸カメラ検査を受けて頂くことで、大腸がんの早期発見や予防を行う事ができます。

検査の目的

種々の症状を手掛かりに大腸の腫瘍(大腸癌、ポリープ)、大腸の炎症性疾患などを直接内視鏡で調べ処置するために行うものです。従来から、行われてきた注腸造影検査にくらべ、より確実な診断が可能で、小さな病変はその場で切除、摘出手術(ポリペクトミー)ができるという利点があります。

当院の大腸カメラ検査の特徴

特徴1. 鎮静剤を使用した完全無痛大腸カメラ(大腸内視鏡)検査

苦痛を抑えた大腸カメラ検査当院では大学病院クラスの最新内視鏡システムを導入しており、経験豊富な専門医がきめ細かく配慮しながら安全で精緻な検査をスピーディに行っています。鎮静剤(静脈麻酔)を用いて寝ている間に検査を受けられる無痛大腸カメラ検査が可能です。大腸カメラの苦痛や痛み、不快感がなく、楽に検査が受けられます。

特徴2. 最新の内視鏡システムを導入

最新の内視鏡システムを導入当院で導入している内視鏡システムは、内視鏡分野で長く世界のトップを走るオリンパス社の「EVISLUCERAELITE(イーヴィスルセラエリート)」です。特殊な光を用いて画像を強調観察することで微細な病変も見逃しなく観察することが出来ます。スコープの挿入性や操作性も向上しています。また、近接拡大観察が可能であり、手元で簡単に切り替えて観察できるため短時間に精緻な検査ができるようになっています。内視鏡専門医のデリケートな手技を正確に伝えるため、患者様へのご負担も少なく、安全性も高くなっています。

特徴3. スコープ挿入時の苦痛を抑える「無送気軸保持短縮法」

スコープ挿入時の苦痛を抑える「無送気軸保持短縮法」

大腸カメラ検査で苦痛が起こるのは、ほとんどがスコープ挿入時に大腸が圧迫されることで生じています。当院では無送気軸保持短縮法という手法を用いることで、大腸カメラ検査時の苦痛や不快感をなくしています。高度で洗練された手法であり、スムーズな挿入が可能です。大腸は曲がりやねじれがある臓器で、その状態には個人差が大きいですが、無送気軸保持短縮法では手前に大腸を折りたたみながら挿入することで、空気が入らずに大腸を圧迫することなく検査が行えます。

特徴4. お腹の張りを抑える炭酸ガス送気システム

お腹の張りを抑える炭酸ガス送気システム大腸の中にあるヒダやシワで隠れた部分もしっかり観察するために、一般的な大腸カメラ検査時には空気を送って膨らませて検査を行っています。検査後にも空気がたまってお腹の張りが長時間残り、膨満感や不意にガスが出るなどが起こりました。当院では、空気よりも200倍吸収の速い炭酸ガスを送り込む送気システムを導入しています。これによってお腹の張りは検査後速やかに解消し、不快感が残りにくくなっています。なお、吸収された炭酸ガスは二酸化炭素として呼気で排出されます。

特徴5. 個室でリラックスしてお過ごしいただけます

個室でリラックスしてお過ごしいただけます佐藤内科クリニックでは、検査前と検査後は個室で過ごしていただけるので、ゆったりとおちついて検査が受けられます。個室のすぐ横にトイレを設置しておりますので、他人を気にせずご利用いただけます。

特徴6. 院内下剤で検査の準備ができます

大腸カメラ検査を受けるために、検査前に大腸内をきれいにするため下剤を服用する必要があります。当院では、下剤の服用や前処置を院内で行っていただくことが可能です。プライバシーに配慮した空間で、リラックスした状態で安心して検査の準備ができます。

特徴7.土日の大腸カメラ検査対応

土日の内視鏡検査に対応しております。
平日忙しい方でも安心して、検査をうけていただけます。

 

 

 

 

特徴8.天満駅徒歩3分・扇町駅徒歩1分の好立地

当院は天神橋筋商店街内(天4商店街)にあり、天満駅徒歩3分・扇町駅徒歩1分と好立地にあります。
土曜も検査を行っておりますので、ご都合がよい日時で検査にきてください。

 

 

 

 

大腸カメラで大腸がんの早期発見

大腸がんは、患者数が増加傾向にあるがんです。早期発見と適切な治療で完治が望めますし、前がん病変のポリープを切除することで予防も可能です。こうした早期大腸がんや前がん病変のポリープを確実に発見するためには、定期的な大腸カメラ検査が欠かせません。日本では大腸カメラ検査を検診として受けている方がまだ少なく、進行した状態で発見されることが多いため、日本人のがんによる死亡原因として大腸がんは男女ともに上位を占めています。
当院では痛みがなく楽に受けていただける大腸カメラ検査を提供することで、地域の方の健康寿命を延ばし、進行した大腸がんの大変な治療を受ける方をお一人でも減らすことに貢献できればと考えています。

大腸カメラと便潜血検査

便潜血検査は大腸がんを見逃す可能性があります

便潜血検査は大腸がんを見逃す可能性があります健康診断で行われる大腸がん検診は、便潜血検査が一般的に行われています。便潜血検査は便の中に血液が含まれていないかを調べる検査です。大きくなった大腸がんは硬い便が通過するときに擦れて出血することがあり、その場合に便潜血検査で陽性となります。便潜血検査では、便に含まれる血液の有無を調べるだけですから大腸がんよりも痔など他の疾患によって陽性になることが多く、陽性となった場合には大腸カメラ検査を改めて受けることではじめて病気の確定診断が出来ます。
また、便潜血検査では、サイズが小さい初期の大腸がんや、やわらかい便が通過する場所にあって出血が起こらない場合、大腸がんがあっても陰性になります。そのため、進行した大腸がんでも便潜血検査で見逃されてしまうことは少なくありません。
大腸がんは早期発見により完治できる病気ですが、進行させてしまうと開腹による外科手術や放射線治療、抗がん剤治療などが必要になります。入院して大変な治療を受け、さらに命にかかわる可能性も出てきてしまうのです。
便潜血検査で陰性だった場合も、大腸がんリスクが上昇しはじめる40歳になったら早期発見や予防が可能な大腸カメラ検査をおすすめします。

以下に該当する方は、大腸カメラ検査を受けましょう

  • 家族に大腸がんになった方がいる
  • カロリーの高い食事が多い
  • 肥満体質である
  • 飲酒、アルコールの過剰摂取
  • 喫煙している

自覚症状がない早期の大腸がんや前がん病変である大腸ポリープを唯一発見できる検査が、大腸カメラです。大腸がんは40歳頃にリスクが上昇しはじめ、60歳代に発症のピークがあります。
早期発見や予防には、40歳を超えたら定期的な検査を受けることが有効です。
なお、大腸がんにはいくつかのリスク要因がわかっているため、こうしたリスクが当てはまる場合には40歳以前の検査の検討をおすすめしています。

大腸内視鏡検査の準備と注意点(検査の流れ)

正確な良い診断が受けられるかどうかは事前の前処置(腸管の洗浄状態)にかかっています。
次のことを確実に行っていただき、きれいな腸の状態で検査をお受けください。

Step1検査の前日

朝食・昼食

食事はこちらを参考に、消化の良いものを取り、下記のものは避けて下さい。

  • 海藻類(海苔、ひじき、わかめ、昆布)
  • きのこ類(シイタケ、マイタケ、キクラゲ等)
  • 果実類(みかん類、キウイ、いちご等)
  • ねぎ、枝豆、皮付きトマト
  • 千切り大根、こんにゃく、しらたき、トウモロコシ
夕食

午後8時までにすませてください。
夕食は下記のものを食べてください。
おかゆ+卵とじ、素うどん+卵とじ
お豆腐、卵豆腐

就寝前(21時ころ)

ラキソベロン1本とセンノサイド2錠を服用してください。
この時、できるだけ多くの水(400ml程度)で服用するようにしてください。
※この後、朝方までに数回の下痢をすることがあります。
※また、のどが渇きますので水分(お茶、お水、紅茶‐砂糖入り可)は自由にとっていただいて構いません。
果肉入りジュース、牛乳は飲めません。

Step2検査当日

朝食

絶食
食事はしないでください。
水やお茶は飲んでも構いません。

Step3来院後

来院後便を洗い流す薬を飲んでいただきます。
腸管洗浄剤モビプレップ1000cc+お茶500cc
何度かトイレに通うと、液体のような便(水様便)になります。
検査着に着替えます。
個室で名前を呼ばれるまでお待ちください。
検査します。(検査は10分で終了します)
検査でポリープを発見した場合、患者様の同意の上で痛みのないポリープ手術を行います。
検査が終わったら個室で、横になって少し休みます。

Step4検査後

クルマの運転は禁止です。(翌日からOK)
飲食は1時間後から可能です。
激しい運動は避けてください。(ポリープ切除時のみ)
お風呂はシャワー程度にしましょう。(ポリープ切除時のみ)
便に少量の血が混じる場合があります。

検査結果

当日に検査結果をご説明します。

大腸カメラについてのよくある質問

予約は必要ですか?

はい、必要です。前日までにご予約ください。

費用はいくらぐらいかかりますか?

費用についてはこちらをご覧ください。

時間はどのくらいかかりますか?

当日の所要時間は前処置に3時間、検査は通常10~20分です。検査終了後、少し休んでから帰っていただきますので検査後は余裕を持たすようにして下さい。

大腸ポリープ切除術に生命保険は適応されますか?

はい、日帰りですが、れっきとした手術ですので適応されます。

検査費用

保険3割負担の方の費用はおよそ以下のようになります。
保険1割負担の方は1/3とお考えください。

内容 費用
診察料・血液検査・使用薬剤料他 約2,500円~4,000円
大腸内視鏡検査(大腸カメラ) 約5,000円
病理組織検査 約3,500円~7,000円
合計 約7,500円~16,000円
胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約 TEL.06-6353-3838
求人のご案内
一番上に戻る
胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約