咽頭がん

咽頭がん

咽頭は鼻の奥から食道と気管に分かれる部分までの、いわゆる「のど」の部分です。呼吸や飲食物摂取という生命維持の根源を支える部分です。咽頭は鼻の奥の上咽頭、口の奥の中咽頭、食道と気管の分岐点周辺の下咽頭に分けられ、それぞれに発生するがんは原因や症状が異なっています。また、治療では発声や顔に近いということから、機能だけでなく見た目や印象などへの配慮も重要になります。

咽頭がんの症状

上咽頭がん

鼻の奥が上咽頭です。鼻や耳に抜けている耳管の入り口に近いため、主な症状には鼻出血、鼻詰まり、耳が詰まったような感じ、難聴などがあります。さらに進行した場合には周辺にある目の機能の障害、脳神経障害を起こす可能性もあります。

中咽頭がん

口の奥が中咽頭です。症状が現れはじめた時期には、飲み込みにくさや違和感、のどの痛み、話しにくさなどが、進行するに連れてのどの痛みなどの症状が強くなり、嚥下障害、呼吸障害などを起こすことがあります。

下咽頭がん

食道と気管の分岐点周辺が下咽頭です。主な症状に飲み込む際の違和感があります。進行すると、声枯れ、血痰、のどの痛み、耳の痛み、嚥下障害、呼吸障害などを起こすことがあります。

咽頭がんの要因

咽頭がんでまれなのは上咽頭がんです。がんが発生した場所によってリスクファクターに違いがあります。中咽頭がん・下咽頭がんは飲酒や喫煙の関与がわかっています。上咽頭がんはウイルスの関与、下咽頭がんの一部は長期の貧血で発症しやすい傾向があるとされています。ホルムアルデヒドがリスクとなることはすでに判明しています。他にEBウイルス (Epstein-Barr Virus:エプスタインバールウイルス)やHLAの多型の関与も指摘されています。また、塩蔵魚を長期に渡って習慣的に摂取することが高リスクになるという報告もあります。熱い飲食物を習慣的に摂取することも中咽頭がん、下咽頭がんのリスク要因とされています。中咽頭がんについては、ヒトパピローマウイルス(Human Papillomavirus:HPV)の関与も疑われています。

当院の咽頭がん検査

胃内視鏡検査は、鼻や口からスコープを挿入して粘膜を詳細に観察できます。このスコープを使用してのどの粘膜もくまなく観察が可能です。舌の根本には触れると強い嘔吐感を起こす部分がありますので、当院では静脈麻酔を用いてウトウト眠っているような状態で検査を行う、無痛内視鏡検査を行っています。疑わしい部分は組織を採取することで生検ができますから、確定診断まで可能です。また、中咽頭がん・下咽頭がんは食道がんや胃がんの合併有無を確認する必要があります。胃内視鏡検査では、のどから食道、胃、十二指腸までをくまなく観察できるため、1度の検査でしっかり確認して診断可能です。

TOPへ戻る
TEL:06-6356-3838 WEB予約 事前WEB問診 事前WEB問診

ご予約はこちらReseavation

TEL.06-6356-3838
24時間WEB予約胃カメラ検査
24時間WEB予約大腸カメラ検査
24時間WEB予約消化器専門外来