経口内視鏡と経鼻内視鏡

経口内視鏡・経鼻内視鏡

食道・胃・十二指腸を観察する上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)では、口からスコープを挿入する経口検査、鼻から挿入する経鼻検査があります。経鼻検査の場合、反射的に強い嘔吐感を起こす咽頭反射を起こす部分にスコープが当たらないため、楽に検査を受けていただけます。当院では、経口・経鼻検査を患者様にお選びいただいています。また、どちらの検査の場合も、静脈麻酔によってウトウトした状態の無痛検査も可能です。検査にご不安がある方も安心していらしてください。

経口内視鏡(口から挿入する胃カメラ検査)

口から内視鏡スコープを挿入して行う検査です。咽頭反射で苦しい思いをされることがないよう、当院では静脈麻酔を使ってウトウト寝ているような状態で受けていただく無痛検査を行っています。歯磨きでオエっとしやすいなど嘔吐感を起こしやすい咽頭反射が強い方や、以前受けた胃カメラ検査にトラウマがある場合にも楽に受けていただけます。ただし、既往症などによっては静脈麻酔を用いた検査ができない可能性もありますので、まずはご相談ください。

経口内視鏡のメリット・デメリット

経口内視鏡のメリット

経鼻検査に用いるものより太いスコープを使うことができ、付属しているライトがとても明るいため、より鮮明な画像による観察が可能です。精度の高い診断を比較的短時間に得ることができるため、リスクが高いケースで特に有効な検査方法です。静脈麻酔を行うことで、痛みや苦痛なく検査を受けることもできます。また通常より細いスコープを用いて負担の少ない経口検査をすることも可能です。

経口内視鏡のデメリット

静脈麻酔で検査中は眠っているような状態です。そのため、検査中の記憶はほとんど残りません。
検査後、ご帰宅の際に自動車・バイク・自転車などの運転はできません。
検査後は院内でしばらくお休みいただく必要があります。院内滞在時間がその分だけ長くなります。

経鼻内視鏡(鼻から挿入する胃カメラ検査)

経鼻内視鏡(鼻から挿入する胃カメラ検査)鼻から内視鏡スコープを挿入して行う検査です。経鼻検査では直径5㎜という超極細のスコープを使用します。これは経口検査で用いられるスコープよりもかなり細く、鼻からの挿入がとてもスムーズです。経鼻検査では触れると強い嘔吐感を起こす咽頭反射を生じる舌の根本にスコープが当たらないため、とても楽な検査が可能です。咽頭反射の心配がないことから、経鼻検査は弱い局所麻酔だけで苦痛や不快感のない検査を行うことができますので、お体へのリスクも軽減できます。また、検査後すぐに運転をすることもできますし、お仕事に戻ることも可能ですから、お忙しい方にもおすすめできます。
また、口がふさがらないため、検査中に医師と会話もできます。

経鼻内視鏡検査のメリット・デメリット

経鼻内視鏡のメリット

強い嘔吐感が起こる咽頭反射の強い方でも楽に受けられます。
極細の内視鏡スコープを用いるため、検査中の違和感も軽減できます。
検査中、気になることがあればその場で医師との会話が可能です。
検査後の運転やお仕事、手元の細かい作業も問題なく行えます。

経鼻内視鏡のデメリット

鼻腔が極端に狭い、あるいは鼻に重い疾患があるケースでは行えないことがあります。
内視鏡スコープが細いため、経口検査に比較すると検査所要時間が少しだけ長くなります。
経口検査と比較すると少し画質が劣るので、短時間により精度の高い検査をご希望される場合には経口検査をおすすめしています。

TOPへ戻る
TEL:06-6356-3838 WEB予約 胃カメラのよくある質問 大腸カメラのよくある質問

ご予約はこちらReseavation

TEL.06-6356-3838
24時間WEB予約胃カメラ検査
24時間WEB予約大腸カメラ検査
24時間WEB予約消化器専門外来