胃がん

胃がんとは

胃粘膜に発生したがん細胞が増殖を繰り返して大きくなっていく病気です。早期の胃がんは自覚症状が乏しく、症状を起こすまで進行するには何年もかかるケースが多いとされています。胃がんは進行により範囲を広げていき、やがて胃粘膜の外側にも到達します。それがリンパ節や臓器に転移を起こして進行がんとなります。胃がんのほとんどは腺がんで、分化型と未分化型に分けられ、未分化型は進行が早い傾向があります。ただし進行の早いスキルス胃がんは分化型です。

胃がんの原因

胃がんのリスクファクターには、ピロリ菌の持続感染、塩分のとり過ぎや食物繊維不足などの食生活、喫煙などがあります。ピロリ菌感染は衛生状態の悪い途上国に多いのですが、日本は先進国では例外的に感染率が高くなっています。若年層は低下傾向にありますが、中高年層が高くなっています。ピロリ菌感染があると慢性胃炎が進行して胃がんリスクの高い萎縮性胃炎を起こす可能性が高くなります。実際に胃がんを発症した方の多くにピロリ菌感染が認められています。なお、除菌治療に成功すると炎症再発を抑制できますのでリスクを下げることができますし、次世代への感染予防にもつながります。

胃がんの症状

早期の胃がんは症状がないことが多く、進行してもわかりやすい症状が起こらないこともあります。現れた場合も他の胃疾患と変わらない症状であり、胃がん特有の症状はありません。みぞおちの違和感、吐き気、胸焼け、胃の痛み、食欲不振、飲み込みにくさといった症状で受診されて内視鏡検査を受け、胃がんであることがわかるケースも少なくありません。自覚症状があったらすぐに消化器科を受診してください。

当院の胃がん検査

当院では、特殊な波長の光を用いることで超早期の胃がんを発見して正確な診断ができる精度の高い胃内視鏡検査を行っています。使用する内視鏡システムは内視鏡分野で長く世界をリードしてきたオリンパス社の最新鋭の内視鏡システム「Evis X1」です。この内視鏡システムは独自のNBIという特殊光による観察が可能であり、これによって微小な早期がんを短時間に発見できるようになっています。
胃カメラ検査では胃粘膜の状態を直接観察できますし、検査中に疑わしい部分を採取して生検をすることで確定診断が可能です。同時に食道や十二指腸といった上部消化管やのどの粘膜もすみずみまで観察できるため、食道がん、十二指腸がん、咽頭がんなどの早期発見も可能です。
当院では内視鏡専門医が検査から検査後のご説明までを担当しており、苦痛のない検査を実現しています。軽い局所麻酔だけで楽に検査を受けられる経鼻検査、ウトウトした状態で受けることができる無痛内視鏡検査などからお選びいただけますので、苦手意識のある方でも安心して内視鏡検査を受けていただけます。

胃カメラ検査について

TOPへ戻る
TEL:06-6356-3838 WEB予約 胃カメラのよくある質問 大腸カメラのよくある質問

ご予約はこちらReseavation

TEL.06-6356-3838
24時間WEB予約胃カメラ検査
24時間WEB予約大腸カメラ検査
24時間WEB予約消化器専門外来