当院の内視鏡検査の特徴

内視鏡検査を多くの方に受けていただくために

胃がんや大腸がんの早期発見には、定期的に内視鏡検査を受けていただくことが不可欠だと当院では考えています。内視鏡検査は近年、機器の進歩や技術の洗練によって大幅に苦痛が軽減しています。当院では、患者様の立場になって検査の手順すべての段階をきめ細かく検証して、より不快感のないものにブラッシュアップしています。経験豊富な専門医が、それぞれの患者様に合わせて丁寧に検査することで、不快感を最小に抑えて楽に受けられる内視鏡検査を行っています。

経口内視鏡検査は、舌の根本にスコープが触れると咽頭反射と呼ばれる生理現象が起こって、苦しいと感じる方が多くいらっしゃいました。
検査手法が洗練してきた現在、経験豊富な専門医であれば咽頭反射をほとんど起こさずに検査できるようになっています。さらに、奥歯の歯磨きをするときに必ず咽頭反射を起こす方や、胃内視鏡検査へのご不安が強い方には、静脈麻酔によってウトウトしている間に検査ができる無痛胃内視鏡検査も可能です。
また経鼻内視鏡検査は、先端部外径約5㎜という超極細のファイバースコープを導入して、咽頭反射を起こす部分に直接スコープが触れることがなく、不快感がほとんどありません。

大腸内視鏡検査についても、同様に痛みや不快感がないようさまざまな工夫を行っています。大腸は圧迫されると痛みを起こしますが、大きく曲がりくねっていて、その形状には個人差があります。当院では、熟練した専門医が形状に合わせて大腸を圧迫しない高度な挿入手法を用いた検査を行っています。また、当院では医師のデリケートな手元の操作を正確に先端へ伝える最新の内視鏡スコープを用いていますので、痛みを起こしにくい検査が可能です。
また、腸にはたくさんのヒダやシワがあります。正確な検査のためにはこうしたヒダやシワに隠れた部分もしっかり観察する必要があるため、大腸内視鏡検査で観察する際には空気を送り込んで腸を膨らませます。空気は、検査後も長くお腹の張りが残200倍吸収が早い炭酸ガスを送気する機器を導入して、お腹の張りが検査後速やかに解消できるようにしています。なお、吸収された炭酸ガスは体内で二酸化炭素となり、呼気から自然に排出されるため安全性も高くなっています。
大腸内視鏡検査ではもう1つ、腸内をきれいにして見落としのない検査をするために下剤を検査前に服用します。この下剤は腸管洗浄液と呼ばれるもので、服用後2時間ほどは頻回の下痢になりますが、その後落ち着いてきます。通常、この下剤服用は落ち着いて過ごせるご自宅で行っていただき、排便が落ち着いてからご来院いただいていますが、下剤の服用にご不安がある場合などは、院内で下剤の服用も可能です。リラックスしてお過ごしいただける個室をご用意していますのでご安心ください。

オリンパス最上位機種の内視鏡システム

世界の消化器内視鏡分野で7割を超えるシェアを誇るオリンパス社の最上位内視鏡ユニット『Evis X1』を導入しています。早期発見に不可欠なクリアで高精細な観察が可能な内視鏡システムにより、経鼻・経口胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査を楽に受けていただけます。

NBI(狭帯域光観察)

特殊な光で微細な病変も見逃しなく発見することができるNBIを搭載しています。早期の病変の特徴として、毛細血管が集まり、粘膜に特徴的な模様を生じることがあります。NBIの特殊光は毛細血管の分布や粘膜の模様を強調表示することができ、スピーディな微細病変の発見が可能です。照射する光の波長は手元の操作で簡単に切り替えることができるため、患者様へのご負担なく安定した検査結果を得ることができます。

胃カメラ検査

通常光では発見が難しい微小ながんは、NBIの特殊な波長の光を用いると容易に見つけることができます。これまで微小ながんの発見は、ヨードなどの色素撒布によって行っていました。ヨードによる観察は時間がかかり、胸焼けや不快感があるためリスクの高いケースでしか行われていなかったのですが、当院が導入している内視鏡システムでは通常光と特殊光は手元の操作で簡単に切り替えることができます。特殊光による観察は特に早期食道がん発見に高い効果を発揮しています。食道がんは進行や転移が比較的早いため、早期発見の重要性が高いがんです。

無痛胃カメラ検査の詳細はこちら

大腸カメラ検査

大腸内視鏡検査でもNBIによる観察では、微小な病変の容易な発見に貢献しています。特にポリープの鑑別に関しては、将来がん化する可能性が高く切除が必要な腫瘍性の腺腫をbrownishとして表示し、経過観察で大丈夫な過形成性ポリープはそれ以外に表示されやすいため、前がん病変かどうかを判断するための見極めに役立っています。これにあわせてインジコカルミン色素撒布による観察を行うことで、より早い段階で効果的な早期大腸がんや前がん病変である大腸ポリープの発見が可能になります。NBIとインジコカルミン色素撒布による色素内視鏡法は、大腸内視鏡検査にとって重要性の高い観察方法です。

無痛大腸カメラ検査の詳細はこちら

特殊色素染色

安全で特殊な色素液を用いて病変の起伏を強調し、特異的な反応の有無を確かめる観察手法です。これにより、観察精度を高めてより早期の発見につながります。

オリンパスファイバースコープ

先端部外径が約5㎜という超極細のファイバースコープを導入して、患者様へのご負担を最小限に抑えています。太径のスコープと遜色のないクリアな画質による観察が可能です。また適度なしなりを持っており、手元の繊細な操作を先端まで正確に伝えるため、腸壁を圧迫することなく検査を行うことができます。これにより不快感や苦痛のない、楽に受けられる大腸内視鏡検査が可能になっています。

炭酸ガス送気

大腸は曲がりくねっているため、たくさんのヒダやシワがあります。このヒダやシワに隠れた部分の見落としがないよう、内視鏡検査では気体を送り込んで大腸を膨らませてヒダやシワを伸ばして観察を行います。これまでは単純に空気を入れていたため、検査後にも長くお腹の張りが残ってしまいましたが、当院では空気の200倍吸収が早い炭酸ガスを送気する機器を導入しています。これによって、お腹の張りが速やかに解消するため、検査後の不快感も大幅に抑制されます。なお、吸収された炭酸ガスは二酸化炭素として呼気で自然に排出されますので、安全性も高くなっています。

TOPへ戻る
TEL:06-6356-3838 WEB予約 事前WEB問診 事前WEB問診

ご予約はこちらReseavation

TEL.06-6356-3838
24時間WEB予約胃カメラ検査
24時間WEB予約大腸カメラ検査
24時間WEB予約消化器専門外来