大腸がん

大腸がんとは

大腸がんとはほとんどの大腸がんは、長く放置されて大きくなってしまった大腸ポリープから発生しています。S状結腸や直腸の発生が全体の7割を占めていて、内視鏡検査であれば症状がない大腸ポリープや早期大腸がんの段階で発見することが可能です。また、検査中に発見された大腸ポリープはその場での切除が可能ですから、将来の大腸がん予防も検査中に行えることになります。大腸がんは粘膜表面に発生し、進行するとその下の層にも広がっていきます。大きく分けると粘膜下層までは早期がん、筋層まで広がったものは進行がんとされます。早期がんの段階で発見し、適切な治療を受けることで生活に支障なく完治可能ですから、定期的な内視鏡検査が有効です。

大腸がんの原因

もともと欧米人に多かった大腸がんですが、日本人の食生活が欧米化されてきていることを受けて、現在は日本でも大腸がんが増加傾向にあります。リスクファクターとして、動物性脂肪の過剰摂取、食物繊維不足、肥満などが知られています。遺伝の関与があるとされているため、大腸がんの家族歴がある方は注意が必要です。

大腸がんの症状

進行した大腸がんは、下痢や便秘、腹痛、血便、膨満感、嘔吐などの症状を起こすことがありますが、前がん病変である大腸ポリープや早期大腸がんには自覚症状がほとんどありません。また、ある程度進行した場合には便潜血検査で陽性になることがありますが、陰性と出てしまうことも珍しくないため、便潜血検査の結果を過信しないようにしてください。

当院の大腸がん検査

当院では早期の大腸がんや前がん病変である大腸ポリープなどの小さな病変を発見できる大腸カメラ検査を行っています。毛細血管の分布や粘膜の模様などを強調表示でき、拡大して観察することもできます。内視鏡では大腸粘膜全域をすみずみまで直接観察できますし、疑わしい部分の組織の採取もできます。これにより確定診断が可能になります。また、検査中に発見された大腸ポリープは検査中に切除する日帰り手術ができます。これにより将来の大腸がんを予防できます。また、粘膜の状態や病変の形状などの特徴を把握できるため、幅広い大腸疾患のより正確な診断と適切な治療につなげることができます。

当院では、高度な軸保持短縮法によるスコープの挿入を行うことで痛みや苦痛をなくしています。また苦手意識のある方のために、静脈麻酔を使った無痛大腸カメラ検査も提供可能です。

大腸カメラ検査について

日帰り大腸ポリープ切除

日帰り大腸ポリープ切除大腸がんは大腸ポリープが何年か放置されて大きくなったものから発生することが多くなっています。そのため、内視鏡検査時に発見された大腸ポリープを切除することは将来の大腸がん予防になります。当院では内視鏡検査の際に発見した大腸ポリープをその場で内視鏡的に切除する日帰り手術を行っています。前日の準備なども含めて1回で終わるため、スケジュールに余裕がない方にもおすすめできます。

くわしくはこちら

TOPへ戻る
TEL:06-6356-3838 WEB予約 胃カメラのよくある質問 大腸カメラのよくある質問

ご予約はこちらReseavation

TEL.06-6356-3838
24時間WEB予約胃カメラ検査
24時間WEB予約大腸カメラ検査
24時間WEB予約消化器専門外来