逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎で最も現れやすい症状は胸焼けです。胸焼けは、胸のあたりで焼けつくような痛みを感じたり、不快感を起こしている状態で、食べ過ぎや脂質の多いものを食べた後に起こりやすい傾向があります。食物が胃に入ると胃酸の分泌が過剰になって、食道に逆流してしまうと胸やけが起こります。胃には強い酸性の胃酸から粘膜を守る粘液がありますが、食道にはこうした防御機能がないため逆流した胃酸で粘膜がダメージを受けます。
逆流が頻繁に起こるようになると食道粘膜へのダメージが蓄積してただれなどを起こします。こうした状態が逆流性食道炎です。食道粘膜の炎症によって胸焼け以外に、呑酸、咳などの症状を起こすこともあります。逆流性食道炎はお薬で比較的治しやすい病気ですが、再発しやすい傾向があります。食道の炎症が長期間続くと食道がんのリスクが高くなってしまうため、しっかり治すことが重要です。
食の欧米化にともなって、逆流性食道炎の患者数は増加傾向にあります。また、加齢によって消化器の機能や筋肉など衰えると発症につながるケースが多いため、高齢になると発症リスクが上昇します。胸焼けやみぞおち周辺の違和感、しつこい咳などがありましたら、ご相談ください。

胸焼けの症状が起こる原因

食道と胃の間には、下部食道括約筋があって胃酸や食物の逆流を防ぐバルブのような役割を果たしています。この筋肉が弛緩してしまうと食後など胃に胃酸が増えた時に逆流しやすくなります。一般的な処方薬にもこの筋肉を弛緩させやすいものがありますし、加齢などでも筋肉がゆるんで弛緩を起こし、胃酸の逆流を起こしやすくなります。さらに蠕動運動が活発であれば逆流が起きてもすぐ胃に戻されますが、蠕動運動が弱くなっていると逆流した胃酸が長時間食道に留まってしまい、炎症につながります。
また、食べ過ぎや肥満、ベルトなどによる強い締め付け、猫背や前屈みなどは腹圧を上昇させ、逆流を起こしやすくします。

検査

最新の内視鏡システムを導入していますまずは、問診で症状をうかがいます。その後、胃カメラ検査で食道や胃粘膜の状態を確認し、食道裂孔ヘルニアの有無を確認します。また、逆流性食道炎には非びらん性のものもあるため、その確認も行います。 当院では熟練した専門医が最新の内視鏡システムを使って検査しています。苦痛がなく楽に受けられるので、安心していらしてください。

治療法

胃酸の分泌を抑える薬、胃酸を中和する薬、消化管運動機能の改善を促す薬などによる薬物療法と、食生活を含めた生活習慣改善のアドバイスにより、再発予防を見据えた治療を行います。 食道がんリスクを上昇させないためにも、完治するまでしっかり治療を続け、再発させないようにしましょう。

薬物療法

症状や粘膜の状態に合わせた適切な処方を行います。症状は比較的短期間で改善できますが、再発を防ぐためには症状がなくなってからも炎症が解消するまで、しっかり服薬を続ける必要があります。

生活習慣の改善

低脂肪食を心がけ、油脂・甘味・刺激物・アルコールを控えるなど食事に注意することで胃酸の過剰分泌を抑制することができます。また肥満の解消や姿勢の矯正、締め付ける衣類を付けないなどによって腹圧を上昇させないようにすることも重要です。また、喫煙している場合には、禁煙しましょう。

  • 食後は2時間以上経過してからの就寝を心がける
  • ベルトなどでお腹を強く締め付けない
  • 前屈みや猫背の姿勢を直す
  • 寝る時はクッションなどを背中にあてがって上半身を少し高くする
胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約 TEL.06-6353-3838
求人のご案内
一番上に戻る
胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約