血便

血便とは

血便とは便に血が混じっている、便全体が黒っぽいなど見た目でわかるものは肉眼的血便と呼ばれます。見た目でわからないほど微量の血液が混じっているものは顕微鏡的血便と呼ばれ、便潜血検査ではじめてわかります。
肉眼的血便も顕微鏡的血便も、消化管から肛門のどこかに出血が起こっている状態です。大腸がんをはじめ深刻な大腸疾患の可能性があるので血便が出た、あるいは便潜血検査で陽性を指摘されたら、できるだけ早く消化器科を受診しましょう。
受診の際に、血便の状態をご説明いただけるとよりスムーズな診断が可能になります。専門医であれば患者様のお話をうかがうことで、ある程度出血している場所を予測できますので、必要な検査を絞り込むことができ、不要な検査をしなくてすみます。

血便症状から考えられる疾患

  • 切れ痔、いぼ痔
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 虚血性腸炎
  • 大腸憩室出血
  • 潰瘍性大腸炎
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん

血便の種類

鮮血便 便に鮮やかな血液が付着しているなど、肉眼で血便がはっきり確認できます。
出血は肛門や直腸など出口に近い場所の可能性が高いといえます。
暗赤色便 暗い赤や褐色の血便です。
大腸で便に血が混じってから運ばれるうちに血液は暗い色になっていきます。
そのため出血は大腸の奥で起こると考えられます。
粘血便 血液に加え、ドロッとしたゼリー状の粘液をともなう血便です。
炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)や感染症の可能性があります。
黒色便 全体に黒っぽくてドロッとしている便で、タール便と呼ばれることもあります。
海苔の佃煮のような状態と表現すると近いかもしれません。
上部消化管である食道・胃・十二指腸からの出血が疑われます。
がんや潰瘍の可能性があるため胃カメラ検査が必要です。

検査方法

直腸診

血便の原因のほとんどが肛門から出血が起こっています。そのため、血便があった場合には直腸診が重要になってきます。この検査で肛門や直腸の状態を確かめ、腫瘍や痔核などの有無を確認します。

胃内視鏡検査

食道・胃・十二指腸という上部消化管からの出血が疑われる場合、血液検査で貧血の有無を確かめた上で、胃内視鏡検査を行います。粘膜を直接観察でき、疑わしい部分を採取して生検により確定診断できますし、出血部分の止血処置も可能です。また、検査中に採取した組織でピロリ菌感染の有無を調べることもできます。当院では専門医が最新の内視鏡システムを用いて楽に受けられる精緻な検査を行っています。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査大腸からの出血が疑われる場合に、病気の確定診断に最も有効なのは大腸内視鏡検査です。直腸から盲腸までの大腸全域の粘膜を直接観察できるため、出血している部分の確認に加え、病変や炎症の有無や、組織を採取して生検を行う事が出来ます。大腸がんや将来がん化する可能性がある大腸ポリープの早期発見に加え、検査時にポリープの切除を行う事ができます。当院では苦痛なく楽に受けられる検査を行っています。

血便の治療

問診で症状をうかがって必要な検査を見極めます。出血源や原因疾患を調べるための血液検査・便検査・内視鏡検査などを行います。
肛門近辺からの出血が疑われる時には、直腸診を行います。大腸からの出血が疑われる場合には大腸カメラ検査を、胃など上部消化管からの出血が疑われる場合には胃カメラ検査を行います。内視鏡検査は粘膜を直接観察できますし、組織を採取して生検による確定診断につなげることができます。また切除や止血などの処置を行うことも可能です。
こうした検査によって出血している部分を確かめ、確定診断をおこない適切な治療につなげます。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌の除菌治療ピロリ菌感染で胃に慢性的な炎症が起こるため、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などにより出血して血便が起こることがあります。特に潰瘍で粘膜が深く傷付いて出血すると、黒いタール便が出ます。ピロリ菌による炎症が慢性化すると胃がんリスクが上昇する萎縮性胃炎を起こしやすくなってしまいます。胃内視鏡検査でピロリ菌感染がわかった場合には除菌治療を成功させることによって炎症の再発を予防できます。
ピロリ菌の除菌治療では抗生物質2種類と、その効果を促進させる胃分泌抑制剤を1週間服用します。初回治療の成功率は80%程度ですが、薬剤を変えて2回目の治療を受けることで1回目と2回目の治療を含めた成功率が90%程度になります。

便秘の治療

便秘の便は硬く・太くなりやすく、こうした便が通過する際に肛門や直腸を傷付けて血便を起こすことがあります。特に、便秘と切れ痔は悪循環を起こしやすいため早期の治療が重要です。さらに便秘では強くいきむことが習慣化しやすいため、肛門周辺に大きな負担がかかり、いぼ痔などを発症しやすくなります。他の大腸疾患の発症にもつながりやすいため、体質だとあきらめず、専門医を受診してきちんと治し、再発しないように治療することが大切です。

胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約 TEL.06-6353-3838
求人のご案内
一番上に戻る
胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約