便潜血陽性

血便

血便は痔によって生じることが最も多く、原因疾患や病変が特になく起こることもありますが、大腸がんや潰瘍性大腸炎などの疾患によって起こっている可能性もあります。特に、大腸がんは近年、発症数も死亡者数も増え続けており、早期発見の重要性が認識されてきている病気です。血便がでたり、便潜血検査陽性を指摘された場合は、できるだけ早く消化器科を受診してください。

便潜血検査

見た目でわからないほど微量の血液が便に混じっていないかを調べる検査です。便を採取するだけで簡単に調べられることから、大腸がんのスクリーニングとして健康診断などでも幅広く取り入れられています。自覚症状に乏しい大腸がんを比較的早期に発見できる可能性があります。
便潜血検査で陽性が出ても、出血の原因を特定することはできません。大腸がん以外の疾患が原因で血便が起こっている場合もあります。また、大腸がんのサイズが小さくて排便時に出血が起こらないと、便潜血検査で陰性となります。 便潜血検査と併せて、大腸がんや前がん病変の大腸ポリープを確実に発見できる大腸カメラ検査を定期的に受けることで、大腸がんの早期発見や予防が可能です。リスクが上昇しはじめるのは40歳を超えたら、大腸カメラ検査を受けるようにしましょう。

便潜血検査の検査方法

便潜血検査は、2日分の便を採取する2回法が一般的に行われています。1日1回、2日間にわたって便を採取して検査を行います。なお、便の中に含まれる血液は、時間とともに残存率が低下していくため、検診1週間前までに採取したものでないと正確な結果を得ることができません。

検査で陽性が出た方

便潜血検査では便に血液が含まれているかどうかを調べることで、消化管からの出血の有無を調べています。出血を起こしている場所や原因を調べるためには、内視鏡検査を受ける必要があります。内視鏡検査では粘膜を直接観察できるので、出血している場所の特定ができて、疑わしい病変は採取して生検による確定診断が可能です。

便潜血検査 『陽性』『陰性』

陽性

便潜血検査陽性という結果は、消化管のどこかから出血しているということです。できるだけ早く内視鏡検査を受ける必要があります。内視鏡検査では出血を起こしている場所、病変の有無やその組織の生検によって確定診断ができ、適切な治療が可能になります。早期大腸がんの場合、早期に治療を受けることで、お仕事や生活に大きな支障なく完治できる可能性もあります。できるだけ早めに消化器科を受診してください。

陰性

陰性は、検査で採取した便に血液が含まれていないということで、大腸がんがないということではありません。実際に初期の大腸がんや前がん病変の大腸ポリープは、便潜血検査でほとんどが陰性となってしまいます。かなり進行した大腸がんでも陰性が出ることは珍しくありません。陰性になったからと安心してしまうのではなく、リスクが上昇しはじめる40歳を過ぎたら定期的に内視鏡検査を受けるようにしてください。

胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約 TEL.06-6353-3838
求人のご案内
一番上に戻る
胃カメラ・大腸カメラ24時間WEB予約